2009年12月03日

モズクと豆腐のスープ

モズクと豆腐のスープ.jpg

夏の時期はバナナダイエットをはじめとするフルーツダイエットをしますが、秋冬のこの時期は、朝スープです。

最近 はまっているのが、モズクと豆腐のスープですね^^

なんたって31キロカロリーなんです♪

モズクのフコイダンには、ガン細胞に遺伝子に直接働きかけ、ガン細胞をアポートシス(細胞の自然死)へと導く作用があるといわれ、免疫力を高めたりして優れた抗がん作用を発揮するとのこともあって モズク〜食べたいんです。

しかし寒くなってくるとなかなか食べれないので、しょうがを入れてエネルギーの燃焼をアップしてくれるスープにして食べます。

もずくスープ 4人分

モズク(もどしたもの) 100g
細ネギ   4本  
だし汁 31/2カップ
しょうが みじん切り 20g
豆腐 半丁
塩 小さじ 1
しょうゆ 小さじ2
片栗粉 大さじ1
ゴマ油 少々 
1 モズクは食べやすいように切る
2 細ネギは 小口に切る
3 鍋にだし汁を入れ煮立ったらしょうがのみじん切りを加え、塩、しょうゆで調味する
4 3にモズクをいれ、豆腐をくずしながらいれる
5 煮立ったら水溶き片栗粉をまわしかける
6 細ねぎとゴマ油をいれる

もずくのかわりにひじきでもいいですよぉ^^

私は黒酢モズクを酢ごといれてしまいます。

モズクは酢といっしょにとることでフコイダンを効果的に摂取できるからです。

少し酢っぽさが気になりますが。。。
あまり気になるって方は唐辛子入れてみるとカバーしてくれると思います。

唐辛子(カプサイシン)はダイエットにもいいですしね^^
posted by ユイ at 15:34| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美腹改善術

美腹改善術。.jpg

腸スッキリ!"美腹"改善術!
知っておきたい腸の常識です。

腸のダメージが招く主な症状としては便秘、お腹の張り、肥満、疲労蓄積、肌荒れ、体臭の発生、大腸がんの恐れ…

などがあります。

普通3日間お通じがない場合は便秘と思いがちですよね。

しかし、お医者さまからすると2から3日に1回のお通じであっても
スッキリ感がある場合は便秘ではないというのです。

逆に毎日お通じがあっても スッキリ感がない場合は便秘傾向なのだとか。

ポイントはスッキリ感でした。
 

美腹術その1 3段式美腹マッサージ!

ぽっこりお腹にどうぞ!
≪3段式美腹マッサージのやり方≫

【1】 枕を右脇腹に当てて横になりお腹を抱えながら前後に揺らす(1分間)
【2】 枕を左脇腹に当てて横になりお腹を抱えながら前後に揺らす(1分間)
【3】 仰向けに寝て両手で下腹部をさする(1分間)
※自分が一番リラックスできる曲を聞きながらするとより効果的!

≪美腹冷茶で効果倍増!≫

ミントティーは腸のぜん動運動を活発化緑茶(カテキン)は脂肪の吸収を抑制しオリゴ糖は腸内環境を改善してきくれます。

≪美腹冷茶の材料≫
ミントティー…300ml
緑茶…300ml
オリゴ糖…大さじ2
※1日600mlが目安で3〜4回に分けて飲むと良い


美腹術その2 腸の疲労回復術!≪ヘソへこみ美腹ストレッチのやり方≫

【1】 ヘソをへこませお尻を閉め、5秒間保持してから戻す(1分間)
※この刺激で腸の周りを覆っている筋肉「腹横筋」と直腸周りの「括約筋」を鍛え、腸を"絞る力"を強化する。
【2】 ヘソをへこませお尻を閉め、体をひねり5秒間保持してから戻す。(左右交互1分間)
※お尻を閉めるのでヒップにも効きます!

便秘には 食物繊維をとれ〜!
は健康の常識なのですが、実はじつは 玄米、ゴボウなどは取りすぎに注意です。オススメは 果物、海藻、きのこなど。

※食物繊維は大きく分けて不溶性、水溶性の2種類だが、腸が疲れている時に不溶性の食材ばかりを多く摂ってしまうと、腸内の内容物が硬くなって、逆に悪化してしまう恐れがある。だから、食事で水溶性の食物繊維を上手に増やすことが効果的!

≪水溶性食物繊維+ゴマ(マグネシウム)≫

ゴマに含まれる「マグネシウム」がポイント!
腸内の内容物の水分を保つ作用があり、硬くなるのを防ぎながら、筋肉の動きを良くし、細胞の代謝にも働いてくれます。

※ゴマはするとマグネシウムの吸収が良くなるのでペースト状で摂るとより効果的です!
posted by ユイ at 15:09| Comment(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

むくみ即効改善予防法

むくみ即効改善予防法.jpg

美容と健康の敵「むくみ」を即効改善予防!

≪むくみとは?≫
むくみとは専門用語で「浮腫」といいます。

普段、細胞は栄養や老廃物のやりとりを水分を通して行っています。

しかし、血液の流れが悪くなったり老廃物の量が増えたりすると水のやりとりがうまくいかず、細胞の中や外に水分がたまるのが「むくみ」です。

血液が流れにくくなり、心臓や血管に負担がかかり、身体の中から膨れているので皮膚が伸びやすくなってしまう。

男女関係なくおこります。健康から見ても放っておけない状態です。


≪むくみの原因≫

老廃物の増加、水分調節の不調、血行不良です。

≪体内リズムとむくみ≫
【1】 朝…消化力増加、血液が流れにくい
【2】 昼…心拍数増加、体温上昇
【3】 夜…コレステロール増加、成長ホルモン増加、老廃物増加

人体にはいろいろな周期がありますが、最もむくみに関係するのが、「1日の体内リズム」です。

人体は、朝と夜中では状態が違います。リズムに合わせた対処や予防法で、効率よくむくみの改善や予防をしましょう。


朝の体内リズムとむくみ改善・予防法!
≪朝はたまった老廃物を掃除するタイミング!≫

寝ている間に老廃物がたまりやすく、水分が外に出にくい状態なのでむくみやすいのです。朝は、体の中にあるむくみのもとを掃除することが大切です。


≪朝の手浴 お湯と水でむくみとり≫

温度差によって強制的毛細血管を開いたり伸ばしたりすることで、水分を戻しましょう。

【1】 温かいお湯に手を浸して20秒
【2】 冷たい水に手を浸して20秒
【3】 最後にお湯に手を浸して20秒

※この時、指を伸ばしたり縮めたりすると効果的!
※むくみがひどい場合は、2〜3回繰り返しましょう。


≪朝の老廃物掃除にはバナナを食べる≫

バナナには、「カリウム」が豊富に含まれている。
カリウムは、体内のナトリウムや老廃物を排泄するのに大切なミネラル。調理による損失もゼロで、手軽に食べられるのでオススメ!

手浴かバナナどちらかでもいいのでできる方をやってみましょう。


≪昼間は筋肉を刺激して血流を良くしよう!≫

昼間、人間は直立で活動しています。
そのため、体温や心拍数が高くなりますが、それらのエネルギーは動くために使われています。

また、重力によって心臓から遠い部分は血液だけでなく、細胞の水分も戻りにくくなるため、むくみます。


≪昼は足首を意識した「家事ながらストレッチ」≫

1 掃除機をかけながら 足首をのばす
2 イスに座り 足をブラブラ
3 洗濯モノをかける時 つま先だち

※いずれの動作も、普段より足首を大きく伸ばすことがポイント!


≪夜は「水分」「栄養」「休息」をしっかりとる!≫

寝ている間に身体の修復を行いますが、栄養補給といかに上手に身体を休めるかにかかっています。

寝ている時は代謝や血行も落ちるので最も水分がたまりやすくなります。

そこで寝る前に!!

≪「水分補給」にはクランベリージュース≫

アメリカのハーバードメディカルスクール臨床実験の結果、1日300mlのクランベリージュースを半年間摂取したら、尿の状態が良くなることが確認されています。

尿の状態が良くなり、腎臓の負担が減り、むくみ改善につながるというわけ。

また、心臓疾患の予防にもいいので、更なるむくみ改善も期待できます。これは、プロアントシアニジンという成分がクランベリーに多く含まれているためです。


≪夜の「栄養補給」にはアーモンド≫

アーモンドには、代謝を高めるビタミンB2、酸化を予防するビタミンE、老廃物排泄、筋肉の緊張をとるカルシウム、腸の働きを高める食物繊維の他、代謝に役立つマグネシウム、ビタミンB1などが豊富に含まれています。

アーモンドを食べると、体内塩分を調節し、水分代謝を高め、老廃物を出し、むくみ解消につながります。


≪夜の「休息」には枕の隙間をタオルで調節≫

夜寝る時のポイントは、頭の位置!横になった時に、首の後ろにできる隙間が、寝ている間の血行に大きな影響を与える。

首のうしろの隙間にタオルを丸めておくことで調節します。首への負担が軽減し、血行が良くなる。

また、肺の圧迫が減り睡眠時の呼吸がスムーズになり、さらに足から戻る血液がスムーズになるため、翌朝のむくみ防止にもなります。

むくみが気になったらできることから始めてみてくださいね^^
posted by ユイ at 14:48| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。