2009年11月29日

得するメイクテクニックD

チークを使うと健康的で華やかに立体的に見え、肌に自然な影ができて小顔効果も期待できます。.jpg

チークって一歩間違うと「おてもやん」になってしまったり、「メイクが濃く見えるからあんまり好きじゃない」ということで使っていない人も多いみたい。

でも実はチークを入れるのと入れないのとでは、顔の印象が全く違うんですよ☆

特に肌のくすみが気になっている人や、顔色の悪い人にはぜひ使ってほしいアイテムです^^

チークを使うと健康的で華やかに見えるだけでなく 顔が立体的に見えますし、肌に自然な影ができて小顔効果も期待できます。

さて、そんなチークを上手に活用するには、まずつけ方をマスターしましょう。

チークをブラシにたっぷり取り、余分なパウダーはティッシュや手の甲で払います(あまりブラシに残らないぐらい落とす)。

次に、肌に軽く触れるぐらいの優しいタッチで頬の一番高いところからこめかみへと、頬骨に沿うようにふんわりとのせます。

肌の赤みが自然に滲み出ているようにぼかすのがポイント。

色はくすみのないピンクやオレンジ、ローズなどの明るい色がオススメです^^

『少し付け過ぎちゃったかな?』と思ったときはフェイスブラシにファンデーションをとり、頬にサッとのせると自然になじみますよ♪

メイクの仕上げに、チークをひとはけするだけで、華やかで元気な肌に見せることができますので使ったことがない人もぜひ試してみて下さいね^^
posted by ユイ at 14:47| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得するメイクテクニックC

今どきのリップメイクはぷっくりさせた肉感的な唇が理想的です。.jpg

いつも何気なく塗っている口紅。

でもメイクをよりフレッシュにみせるなら、口紅の塗り方をちょっと工夫するだけで魅力的になれるんですよ^^

例えば、今どきのリップメイクでは少し大きめな唇のほうがバランスがいいってご存知ですか?

上唇と下唇の黄金比率は【1:1.5】

小さめの唇だとほっぺたのふくやみや広さが目立ってしまい、顔の余白が多くなりますし、『顔全体の印象が寂しくなる』『顔が大きくみえる』などのマイナス要因に結びつくことも。。。

というわけで、バランスのいいリップメイクについてお話したいと思います^^

まず、唇を上手に描くためにリップペンシルを利用してみましょう。

今まで使っていなかった人も是非使ってみてください。

チョイスするのは自分の唇、または口紅の色に近い色のペンシル。

リップペンシルは唇のラインを思い通りに描けるうえに、口紅をにじみにくくする効果もあるので縦ジワのにじみ防止にも役立ちます。

また、輪郭をとりすぎないラフな感じに仕上げたいときもペンシルを使うのがミソ☆

ただし、この時のリップラインは濃い色で輪郭を縁取った、ライン自体が目立つようなものではありません。

あくまでもラインそのものは主張せず、控え目でいて効果的な『隠れライン』であることが重要。

そんなわけで、まずは肌と唇に馴染むベージュ系を選んでみましょう。

ちなみにラインを描く前にはファンデーションなどであらかじめ唇の輪郭を消しておいて下さいね^^

では描き方をご説明します。

@上唇の山と谷のラインを決める(やわらかいMの字のように)

A下唇の底のラインを1cmほど描き、両端の口角へつないでいく(上下の口角も必ずつなぐ)

Bラインを綿棒やリップブラシ、指先などで内側にスッとなじませる

C好きな色の口紅を塗る
顔がぼやけるから今まで濃い色の口紅しか使えなかったという人にもオススメです^^


唇の薄い人は、グロスをうまく使うことでふくよかな唇に見せることができます。

唇の中央だけにちょこんとグロスを乗せてみると全体に塗るよりもよりぷっくりして見えますよ.jpg

唇の中央だけにちょこんとグロスを乗せてみると全体に塗るよりもよりぷっくりして見えますよ♪

簡単に済ませていたリップメイクにひと手間加えるだけで、口元も表情も華やかに^^

ぜひ試してみてくださいね☆
posted by ユイ at 14:42| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得するメイクテクニックB

眉はその人の印象を決める大事なパーツ。毛の生え方や顔の輪郭などを踏まえてバランスよく!.jpg

顔のパーツの中で、印象を一番変えることができる部分はどこだと思いますか?

それはズバリ眉です。

眉の形で雰囲気はガラリと変わります。

たまに新人モデルの中にも『眉を生まれてこのかた手入れしたことがない』という人がいたりします。

分かりやすいので 眉の整え方を説明してあげるのですが、左右の眉で
ビフォー・アフターを見ると驚く程あか抜けます。

そこで今回はバランスの良い眉のつくり方をお教えします^^


まず、バランスのいい眉の条件から。

@ 『眉頭』は小鼻の延長線上より少し内側にあること

A 『眉山』は正面を向いた時の瞳の外側から目尻までの間にあること

B『眉尻』は口角と目尻を結ぶ延長線上、もしくは小鼻と目尻を結ぶ延長線上にあること
@〜Bまでのポイントをおさえれば、自然に美しい眉の形ができあがります。


では早速この条件に沿って左右の眉を描いてみましょう

眉の描き方としては【眉頭→眉山→眉尻】
眉尻のない人は【眉山→眉尻→眉頭】の順で描くといいでしょう。

この時、眉頭とアウトラインを濃くしないことがポイント☆

いかにも『描きました!』という眉は不自然です。

ブラシを使って自然にぼかしましょう。


左右バランスよく眉が描けたら、ラインからハミ出した眉毛をカットします。

うまくカットするには眉毛の流れに沿ってハサミを入れること☆

例えば眉頭の毛は下から上に生えているのでコームは下から上に、眉山から眉尻にかけては上から下に生えているので、上から下に毛の流れに沿ってコームを当て、カットします。


また、眉を描く時に髪の色に合わせてやると自然な仕上がりになりますよ^^

髪の色がかなり明るいという人はパウダーの上から眉マスカラを使用するといいでしょう。

眉が決まっていると美人度UPも間違いなしです♪
posted by ユイ at 14:26| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得するメイクテクニックA

マスカラは二重塗りすると目ヂカラUPです!乾燥してから二度目を塗ってください。.jpg

アイラインがキレイに引けたら、今度はマスカラ。

マスカラをつけると、すっぴんの時より20%も目が大きく見えるそうです!

マスカラマジックで目ヂカラUPをめざしましょう^^

まず、ビューラーでまつ毛を上げた後 まぶたを少し持ち上げ、マスカラブラシを根元から当てて左右にしごきながら毛先に抜けます。

ここでポイント☆

重ね塗りするときは必ず一度めのマスカラが乾いてから二度目を塗りましょう。

乾かないうちに何度も重ねてしまうとダマになったり、まつ毛が束になってしまいます><

そして、なりたい目元に合わせてマスカラをつける量を調整しましょう。

例えば『とにかく目を大きく見せたい』と思うなら、瞳の真上と真下のまつ毛にしっかり重ねてみてください。

顔全体を見たとき、人間の視覚はまつ毛の端までを目と捉えますから、まつ毛が上下に長くなることで縦に幅が出て、さらに中心部が長いため 大きく丸い目に見えるのです。

逆に目尻にマスカラを重ねると切れ長で色気のある目元になります♪

マスカラマジックで目力UP!.JPG

また、『マスカラをつけるときに必ずまぶたについてしまう』という人は、名刺ぐらいの厚紙を目のキワに当てておいてマスカラをつけるとま
ぶたにつかず、キレイに仕上がりますよ。


まつ毛に関しては他にもエクステや付けまつ毛、マジックマスカラなど、豊富なアイテムが盛りだくさんなので 色々試してみるのも面白いかもしれませんね♪
posted by ユイ at 14:18| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得するメイクテクニック@

アイカラーの役割は目元に立体感をもたせ、メリハリをつけることで目を大きく見せることです。.jpg

女性はメイクで本当に変わりますよね。

特に目元!

とにかく目の大きな女の子が多いのにはびっくり(笑)!

でもメイクを落としてみると『アラ?思ったほどでもないのね?』というのが率直な感想。

逆に言えば、それだけメイクで変わるということなのですが(笑)

美容相談でも『どうすれば目が大きく見せられますか?』というような質問が時々寄せられます。

このアイメイクについてのポイントをご紹介します☆

まず、アイメイクの基本アイテムは、アイカラー・アイライン・マスカラですよね?

では、それぞれの役割があることをご存知ですか?

例えば、アイカラーは目を立体的に見せてくれますし、アイラインは線の効果で よりくっきりとした目元を演出します。

また、マスカラはまつ毛の長さや太さをコントロールして外への広がりを強調することができ、一番目をぱっちりと見せてくれるもの。

このように、それぞれの特長を知っておけば、これらをフルに使ってくっきり、ぱっちりのデカ目をつくることができます。

というわけで、それぞれのアイテムの使い方を少しずつご説明してみたいと思います^^


【アイカラー】

アイカラーの役割は目元に立体感をもたせ、メリハリをつけることで目を大きく見せること。

立体感をつけるということは凹凸を強調することですから、窪んでいる部分には影になる色を。

まぶたには光を集める色を使用すればそれだけで深みのある目元をつくることができます。

影になる部分に入れる色は、グレーやネイビー、ダークグリーンなどの深みのある濃い色がオススメ。

逆に光を集める色はベージュ、淡いブルーやピンクなどのほんのり明るい色です。

使い方としては、光を集める色をブラシに取り、まぶたの中心にのせたらアイホール全体に広げます。

次に影になる部分には濃い色をチップにとって まつ毛の際にのせ、しあげに指で優しくなぞって、2色の境目をぼかせばOK。

影になる色と光を集める色の基本をおさえておけば、ほかに何色を使っても失敗はしませんよ^^

さて、アイラインは目のキワ(フレームライン)に入れて、より印象的な目元に仕上げてくれるアイテムですが、なかなかうまく引けないという人も多いのではないでしょうか?

中でもリキッドを使うのが苦手な人は多いようです。

そこで、リキッドアイライナーの引きかたのポイントをご紹介しておきます☆

まず、まぶたを軽く持ち上げておき、目尻から5ミリほど内側へ向かってラインを引きます。

この時、短い線を重ねながら引くのがコツ。

今度は目頭から目尻へ向けて少しずつラインを引き 目尻まで引いた後、乾ききる前に綿棒でアウトラインをぼかします。

下まぶたのラインも同様ですが、まつげのキワにキレイな色のアイラインを細めに引くとおしゃれです♪

黒目を大きく見せたい人は瞳の上下の部分を少し太めに描いてみてください☆
posted by ユイ at 14:06| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌が荒れてしまったら?

肌荒れ状態の時はクリーム系美容液を使い、紫外線対策をしっかりしましょう。.jpg

乾燥しやすい時期は同時に肌も荒れやすいのですが、もうすでに口や目の周りに粉をふく人も見受けられるようになってきました。

荒れた肌は角質層のバリア機能が衰えているため、放っておくと更に水分が蒸発して荒れてしまいます。

そこで保湿が大切になるわけですが、このような状態の時は美容液やローションが肌にしみてしまうことがあります。

特にしみるようなひどい肌荒れを起こしている場合は少し油分の多いものを使ってみてください。

このような時は水溶性成分より油容性成分の方が肌に柔らかいのです。

例えば、肌荒れ状態の時にローション・乳液・クリームのどれかひとつを使用するならクリームを使ってみて。

これでもしみるようならワセリン(肌に優しく、アトピー性皮膚炎の治療にも使われています)を塗るとよいでしょう。

また、肌荒れを起こしていても紫外線対策は必要です。

外出時には保湿クリームの上からパウダーファンデーションやルースパウダーを使用しましょう(刺激が強いので肌が落ち着くまではリキッドファンデーションやUVクリームなどは使用しない)。

夜はダブル洗顔をして、また保湿クリームを塗る。
このお手入れを1週間ほど行なってみてください☆

肌の状態が落ち着いてきたら美容液やローションを少しずつ足していきましょう^^
posted by ユイ at 13:58| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ肌は乾燥するの?

乾燥肌は角質層に10%以下の水分しか含まれていない状態を言います。.jpg

肌の乾燥する季節の到来ですね。

既に肌の変化が現れている人もいるかもしれませんが、そもそも乾燥肌とは どういった状態を指すのでしょうか?

健康な肌では角質層に約20%の水分が含まれているのですが、これが10%以下になってしまった状態を『乾燥肌』といいます。

空気が乾燥して湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。

しかし、私たちの肌には水分を保持する『保湿成分』が元々存在しているため、この機能が正常に働いていれば湿度がたとえ0%になっても水分は蒸発しません。

『保湿成分を作る力』が低下すると肌は乾燥するのです。

この保湿成分とは、【細胞間脂質】と呼ばれる セラミド・コレステロール・脂肪酸などの脂質と、角質細胞にある アミノ酸・乳酸塩・尿素などからなる【天然保湿因子=NMF】の事。

これらの保湿成分は年齢と共に生産量が減ってくるので、同時に角質層の水分量も減り、年を重ねるごとに肌は乾きやすくなるのです。

また、紫外線や洗顔のしすぎなども乾燥肌を招きます。

では肌は乾燥するとどんな状態になるのでしょう?

乾燥した肌は硬くゴワゴワしてきますよね?

冬場に足の裏がカチカチになる人がいますが、それと同じく顔の皮膚も乾燥すると硬くなりシワっぽく見えてしまいます。

なぜ皮膚は乾燥すると硬くなるのでしょうか?

角質層はもともと外界の刺激から肌を守るために存在しています。

乾燥して角質のバリア機能が損なわれると、より一層肌を守ろうとして厚くなってくるのです。

ところが、この時急いで角質層を作ろうとして不完全な角質細胞(=パラケラ)が出来てしまうことがあります。

表皮細胞は一般的に28日で角化しているのですが、この過程で【天然保湿因子(NMF)】やセラミドをはじめとする【細胞間脂質】が作られます。

ターンオーバーが正常に行われないということは大切なこれらの保湿成分が充分に作り出せないということですから、当然肌のバリア機能が低下します。

保護機能が衰え 刺激に弱くなっている肌を守ろうとした結果、角質層が厚くなるというわけなのです。

これが肌が硬くなる原因です。

ではこの角化の悪循環をリセットするにはどうすればよいのでしょうか?

一般に『保湿』という言葉はよく耳にしますが、この意味を間違ってとらえたまま お手入れを続けている人が多いような気がします。

まずは『保湿』の本当の意味を知ることからはじめましょう。

【保湿】とは読んで字のごとく「湿気を保つ」こと。

つまり『保つ』『維持する』ということが本来の意味です。

『水分を与えることを保湿というのではないの?』と思った方もいるかもしれませんが、保湿力のない肌にいくら水分を与えたところで それを保つのは難しいでしょ?

保湿力のある肌を取り戻すためには、肌自体が与えられた水分を留めておく力を持つことが必要なのです。

そのためには『水分』ではなく保湿力のあるセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分を与えることが大事です。

乾いた肌にストップをかけたいなら『水もちのよい肌』をつくることからはじめましょう。

そのためには土台となる肌質を改善する必要があります。

健康な肌では、規則正しく連なった角質と それをつなぐ細胞間脂質が水分を保持し、外界の刺激から肌を守っています。

中でも細胞間脂質の成分であるセラミドは、水と結合して『ラメラ構造』という 水分をはさみ込んだサンドイッチ状の構造をつくっているのですが、このラメラ構造に組み込まれた水分は湿度が0%になっても蒸発しません。

肌の中に充分なセラミドがあれば、真冬でも乾燥しないのです。

健康な角質層は自分自身で保湿成分を作り出し 肌に水分を留めてバリア機能を正常に保ちます。

ということは、不足した保湿成分を補って 乱れた角質層を補修してやれば 肌は徐々に自分の力で回復していくことができるということ。

また 細胞間脂質はターンオーバーの過程で作り出されるので、これを促進させるピーリングなども効果的です。


肌が乾燥する原因はたくさんありますが、間違いのないケアを心がけることも忘れないでくださいね^^

posted by ユイ at 13:54| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。