2009年11月12日

ドライスキン解消法5

肌のバリア機能は角質が規則正しく並んでいることで初めて発揮されます。

粉を吹くほど乾燥した肌では角質がめくれ、そこから水分が蒸発してしまうんです。

このような肌は敏感になりやすく、肌荒れやアレルギーなどのトラブルのもと。

乾燥に強い肌を作るためには、良質なタンパク質やビタミンは欠かせません。

普段から足りない栄養素はサプリメントなどで補ってもいいですね^^
posted by ユイ at 19:46| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライスキン解消法5

肌の乾燥が激しい人は皮脂の分泌が少ないこともドライスキンになる原因のひとつ。

寒くなると毛穴や皮脂腺が収縮してしまい、皮脂がスムーズに分泌されなくなります。

このため、水分と皮脂のバランスがとれずに乾燥しやすくなるんです。

入浴後、クリームなどを使ってマッサージをすると皮脂腺が刺激され、肌にうるおいを与えてくれますよ^^
posted by ユイ at 19:45| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライスキン解消法4

肌のためには生活習慣の見直しも大切。

意外に簡単な事で肌の調子がUPするかも☆

例えば、エアコンや温風ヒーターなどの暖房器具は、室内の湿度を低下させ肌の水分を奪うので、ローションやクリームなどでこまめにうるおいを補給して乾燥を防ぎましょう。

また、ホットカーペットの上は素足より靴下を履いたほうが、かかとの乾燥防止になります。

空気の乾燥を防ぐために加湿器を使用したり、コップに水を張って置いておくのもいいですよ^^
posted by ユイ at 19:43| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライスキン解消法3 part2

お風呂でじっくり温まった後はつい休憩したくなりますが、この習慣がドライスキンを招くんです。

入浴後は一時的に肌のうるおい成分が失われた状態。

刺激物質が侵入しやすく、また乾燥しがちなので素早く保湿ケアを。

ローションタイプのものならスーッと伸びていやなベタつきもないですよ^^

ちなみにわたしは乾燥しやすいのでローションよりもしっとりするミルクを使っています☆

『お風呂上がりはすぐ保湿』これが肌の喜ぶタイミングです♪
posted by ユイ at 19:42| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライスキン解消法3 part1

寒くなると恋しいのがお風呂。

この時期ついつい熱いお風呂に浸かりがちになるのですが、ちょっと待って!

熱いお湯で急に血行がよくなると、それが刺激になってかゆみの原因に。

どちらかというと38℃前後のぬるめのお湯にじっくり浸かって、体を芯から温めるようにしましょう。

入浴後は肌に水分が残っていると、水分の蒸発と共に肌のうるおいまで奪われてしまうので拭き取りはしっかり!
posted by ユイ at 19:41| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライスキン解消法2

まず、ドライスキン予防のためには肌の潤いを奪わずに汚れを落とすことが重要。

ボディソープを泡立て、手のひらで優しくなでるように洗うのがドライスキンケアの第1歩なのです。

押すだけでふわふわの泡が出るタイプのボディソープだと簡単ですね^^

低刺激性のアミノ酸系洗浄成分配合のものや、保湿・抗炎症作用のある成分が配合されているものなどがオススメですよ☆
posted by ユイ at 19:40| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライスキン解消メソッド1

ドライスキン.jpg

この季節は肌のカサつきやかゆみなどに悩まされる人が多いのですが、これは乾燥により肌の機能が低下するため。

今回はこの『ドライスキン』にスポットをあてていきたいと思います。


まず、あなたの肌の敏感度をチェック☆

1.花粉症や食物、植物アレルギーがある

2.肌が乾燥しやすい

3.季節の変わり目に肌がカサついたりかゆくなる事がある

4.ボディソープやローションがしみる事がある

5.体をゴシゴシこすり洗いする

6.ボディケアは特にしない

7.ヒジやヒザが白っぽく粉をふく

8.熱いお風呂が好き

9.体の不調が肌に出やすい

いかがでしたか?
3つ以上当てはまる人は敏感肌かもしれませんよ?

当てはまった人は早速ボディケアをスタートしましょう。
posted by ユイ at 19:39| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。