2009年11月08日

ヤセ日ダイエット

やせ日ダイエット.jpg

ヤセ日ダイエットは、体重が最も少なくなっている日にするダイエット方法です。

※生理後のやせやすい時に効果的に体重を落とす女性専用のものです。

男性とちがい、女性の体重は毎月の月経周期によって左右され、2つの女性ホルモンのバランスによってダイエットに適した時期と適さない時期があります。


ヤセ日ダイエットは、生理後の心身ともに快調な時期におこないます。

生理前に水をためてむくんでいた体重も1、2キロ減っていて体調も良いからです。

このやせている時に、1日だけカロリー制限したり炭水化物を減らしたり甘いものを抑えたりします。

すると更にストンと体重が翌日落ちていることがあります。
これを、毎月、行うことで体重を着実に落としていきます。

<手順>
1)1週間体重を量って、その中で一番体重の少ない日を決めましょう。
2)その日は炭水化物(ご飯・パン・麺類など)を2食続けて摂らないようにします。
3)そして、翌日の空腹時に体操をします。
4)息を吐きながら細くしたい部分(ふくらはぎ・太もも・二の腕など)に徐々に力を入れていきます。
5)最後の吐き切りにじわっと力を加えるのがポイントです。


毎週習慣づけるのがポイントです。
posted by ユイ at 17:36| Comment(1) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼きみかんダイエット

焼きみかんダイエット.jpg

焼きみかんダイエットは、みかんを焼いて食べます。

みかんは皮の部分に栄養素が詰まっていて、焼きみかんにすると、この栄養成分が実の方へ移行するそうです。

又、焼きみかんにすると薄皮が柔らかくなり、食べやすくなるそうです。

焼きみかんにすると、皮にある血流を改善するテレピン酸が、みかんの実に入るので、おいしく薬効成分がとれます。

みかんの薄皮(白い部分)に多く含まれる食物繊維ペクチンは、中性脂肪をつくるアミラーゼなどの働きを抑え、肥満を予防します。又、便秘の改善にもつながります。

その他に焼きみかんは、冷え性や冷えによるむくみの解消。かぜにも効果あります。


<焼きみかんのやりかた>
1)みかんを40度くらいのお湯で湯通しします。
2)コンロなどでみかんを網焼きにします。
3)皮がパンパンになったら食べごろです。皮も食べられます。


難しい知識がありますが、要は焼きみかんは体にいいですよってことです。
posted by ユイ at 17:32| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼きトマトダイエット

焼きトマトダイエット.jpg

焼きトマトダイエットは、食事の前や、空腹時にオーブンやフライパンで焼いた焼きトマトを食べます。

焼きトマトに含まれているリコピンには抗酸化能力があることが知られています。それはβカロチンの2倍、ビタミンEの100倍だそうです。

焼きトマト1個で1日の所要量40%のビタミンCを摂取できます。ビタミンCはコラーゲンを作り、血管を丈夫にし、美肌効果に役立ちます。

生よりも焼きトマトの方がトマトに含まれるリコピンにはガンや心臓病を防いでくれる力があります。

焼きトマトなど加工品などは加工により濃縮されるため、リコピン濃度が高まります。

トマトが苦手でない人はやってみましょう。野菜果物何でも焼いてみると結構おいしくなりますよ。
posted by ユイ at 17:28| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼き梅干しダイエット

焼き梅干しダイエット.jpg

焼き梅干しダイエットは、焼いた梅干しを食べるだけのダイエット方法です。

<焼き梅干しの作り方>
アルミホイルを2枚用意し、前もってクシャクシャにしておきます。これに梅干しを包んで、しっかり口を閉じます。

オーブントースターで10分から20分間、焼くだけです。


これを食事の時に3個ずつ食べればOKです。


<梅干しダイエットの効果>
梅干しを加熱すると、梅干しの糖とクエン酸が化学変化を起こし、血行を改善する特効薬「ムメフラール」が生まれます。


焼いた梅干しには血液をサラサラにしてくれるクエン酸がたっぷり含まれ、そして、体内のエネルギー代謝を活発にし、余分な脂肪を燃焼させてくれるのです。

焼くと生のものに比べて、食後の血流の速度が約2倍になり新陳代謝が活発にしてくれます。
posted by ユイ at 17:13| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤーコンダイエット

ヤーコンダイエット.jpg

ヤーコンダイエットとは、お茶やサプリメントとして数多く販売されていて、手軽にお茶がわりに使用して、ダイエットする方法です。

ヤーコンは、南米アンデス原産のキク科の植物で、黄色い花を咲かせ、サツマイモに似た大きなイモが、できます。

そのヤーコンの芋や茎葉にはフラクトオリゴ糖や、フラボノイド、クロロゲン酸といったポリフェノールが豊富に含まれています。

その他に、食物繊維も豊富に含んでいて、排便を容易にしてビフィズス菌を増やす効果や、血糖値の上昇を遅らせる効能もあるのです。

最近では、茎や葉っぱに血糖上昇を抑制する成分が発見されたそうでさらに注目される野菜になっています。
posted by ユイ at 17:05| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノニダイエット

ノニダイエット.jpg

ノニダイエットの方法ですが、毎日ノニジュースを飲むだけのダイエット方法です。

*モリンダ・シトリフォリアとは、ノニの学名です。

 モリンダ・シトリフォリアは、ハワイなどのポリネシア諸島、 東南アジア、オーストラリアなどに自生するアカネ科の熱帯植物です。

名はヤエヤマアオキ。(英:morinda citrifolia)

モリンダ・シトリフォリアの果実は基本的にフルーツですが、必須アミノ酸・ビタミン・ミネラルなど140種以上もの栄養成分が含まれている強力なハーブ果実です。

モリンダ・シトリフォリアは“奇跡のフルーツ”“驚異の果実”などと言われています。



ノニに含まれる成分が、摂取した栄養分を体内に蓄積することなく、エネルギーに変え、体内の老廃物や不要な脂肪分を体外へ排出してくれます。

すまり、食事を抑えるや、摂取カロリーを抑えるなどの従来からの苦しいダイエットをする必要もなく、食事は今まで通りでダイエット効果を得られるダイエット法です。


<ノニの効果>

免疫力向上、生活習慣病予防、抗がん作用、血圧降下、鎮痛、
抗菌など、幅広い効果があり、外傷や腫れのみを取るほか、
感染症、関節炎の症状改善にも用いられる。といわれています。
posted by ユイ at 16:02| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もやしマヨネーズダイエット

もやしマヨネーズダイエット.jpg

もやしマヨネーズダイエットは、ゆでるか、軽く炒めたもやしにマヨネーズをつけて食べるだけのダイエット方法です。

もやしマヨネーズは、一日の中の1食に取り入れればOK。

手軽なダイエット方法ですが、短時間にやせた人が続出しています。

<もやしマヨネーズ>
ご飯やほかのおかずを食べてもOKで、満足するまで食べてもかまわない、もやしマヨネーズダイエットは、楽に続けられ、どんどん便が出て体重もへり、体調がとてもよくなると評判です

<もやし>
マメが芽吹いたもやしは、芽を成長させるための生命力に満ち、栄養素もじゅうぶんに含んでいます。

もやしは、良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の宝庫。

栄養が豊富で高たんぱくなのに、もやしは低カロリーです。


もやしは、おなかいっぱい食べてもカロリーは大したことがないです。加熱しても水分が逃げにくくてカサがへらないため、「満腹感を得やすい」という、ダイエットにはうってつけの性質もあります。

もやしに多い食物繊維は、おなかの中に入って水分を吸収すると3倍ほどに膨張し、満腹感が持続します。

また、腸内に滞った便を絡め取り、便通も促します。
しかも、パンやご飯など炭水化物の吸収を妨げる働きもあります。

さらに、もやしの成分のビタミンB2には、脂肪の代謝(体内での利用と排せつ)を高める働きがあります。

やせやすい体質作りには必須な成分なのです。

また、美肌効果や疲労回復効果にも優れています。

つまり、ダイエットで体重が落ちても、肌荒れや体力低下などを起こす心配も少ないわけです


<マヨネーズについて>
昔のマヨネーズには、脂肪になりやすい油が使われていましたが、現在のマヨネーズには脂肪を分解する不飽和脂肪酸が使われているので、ほとんど心配ありません。

コレステロールも心配無用だそうです。


ご飯も普通に食べられるから満足感も充分。できるだけ食事の最初のほうに食べて、満腹感を得ましょう。
posted by ユイ at 15:42| Comment(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。