2009年11月06日

もやしダイエット

もやしダイエット.jpg

もやしダイエットは、低カロリーで、食物繊維が豊富な食材なので、とてもダイエットに適した野菜でダイエットする方法です。

もやしは、野菜だし、見た目からしてもカロリー低そうですが、その期待を裏切らず、もやしは100gあたり12〜37kcalです。

もやしは、低カロリーであることが一番のダイエット効果ですが、他にも、食物繊維の豊富さが魅力です。

食物繊維は腸の活動を活発にしてくれて、便通がよくなります。またお腹の中で水分を含んで膨らみ、満腹感を与えてくれます。

さらに、ダイエットの強い味方であるビタミンB2も豊富です。ビタミンB2は、脂質や糖質の代謝を促進してくれます。

その他にも、筋肉を増やすのに必要なたんぱく質や、ダイエット中不足しがちなミネラルも豊富です。

にらともやしの卵いため

中華風 149kcal 20分以内 材料 4人分

にら…1/3束(30g)
もやし…150g
干しえび…大さじ1(8g)
卵…2個
スープの素…小さじ1
サラダ油…大さじ2
塩…少々
こしょう…少々

(1) 干しえびは、大さじ2の水に約10分つけてもどし、あらくきざみます。もどし汁はとっておきます。にらは、5cm長さに切ります。もやしは、洗ってざるにとります。

(2) フライパンに油を熱し、干しえびを入れて強火でいため、香りが出たら、卵をほぐしながら入れ、手早くいためます。

(3) 続けてにら、もやし、スープの素、えびのもどし汁を入れていため、塩、こしょうで味をととのえます。
posted by ユイ at 21:00| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モムチャンダイエット

モムチャンダイエット.jpg

モムチャンダイエットとは、美しいカラダを9週間自分でデザインするダイエットです。

9週間のエクササイズは、げっそりと痩せるのではなく、適度に筋肉が付いて引き締まったカラダと適度にボリュームアップした胸やお尻を自分でデザインし、かつ体重も落とせるというものです。

モムチャンとは「美しい肉体」という造語で、彼女がネットに登場したことによって造られた言葉だそうです。

エクササイズで体を動かすことによって、ドーパミンやセロトニンなど、いわゆる”ハッピーホルモン”が分泌され、心も健康になり、血液循環も良くなり、肌ツヤも良くなり若返ります。

また、モムチャンダイエットのポリシーは、【重要なのは体重ではなく、見た目!】

モムチャンダイエット2.jpg

モムチャンダイエットで次に重要なのは食事です。食品を控えると、確かに体重は落ちますが、実際に減るのは脂肪ではなく、筋肉。

筋肉は脂肪よりも重いため、筋肉が減るとガクンと体重が落ちます。

しかし体は「飢餓状態」に陥っているため、今度は少しの食料でも「脂肪」に変えて蓄え、次の飢餓状態に備えます。

つまり、食品制限によるダイエットは、脂肪が溜まりやすくなり、エネルギーを消費しないように代謝をどんどん落とすため、太りやすい体質へと変化します。

そこでモムチャンダイエットでは、体を飢餓状態にすることなく、1回の食品量を減らし、かわりに食事を数回に分けることを推奨しています。(1日5食以上をバランスよく摂取)

エクササイズもダンベルとベンチさえあれば自宅でできるエクササイズばかりなので、ジムになかなか通えない人でも簡単に始められます。

エクササイズは15種類の組み合わせで、はじめは正しい姿勢を身に付けることを念頭に、軽めのエクササイズから始めます。じっくり9週間かけて赤筋を鍛えていきます。
posted by ユイ at 20:57| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モロヘイヤダイエット

モロヘイヤダイエット.jpg

モロヘイヤダイエットはモロヘイヤを生やお茶などを摂るダイエット方法です。

食品で夏野菜としてスーパーなどでも売られ、独特のぬめり感とその栄養価で知られるようになりました。

モロヘイヤが日本に入ってきたのは1978年頃だといわれ、東地中海地方では7千年も前から人々に食べられていました。

モロヘイヤは、ビタミン、β-カロチン、カリウム、カルシウム、食物繊維などを豊富に含む食材です。

カリウムはほうれん草の約1.2 倍、カルシウムは約7.4 倍も含まれるます。

又、含まれているビタミン類に美肌効果があるなど、さまざまな健康効果が話題をよんでいます。

【便秘について】
食物繊維の不足は便秘のもとといわれますが、モロヘイヤには前述のように食物繊維を多量に含む野菜です。

食物繊維は、食後、からだのなかで水分を含み、便のかさを増やして便をつくり、排出しやすくしますが、モロヘイヤはこの機能を改善するのに、うってつけの野菜といえるでしょう。


【ダイエット】
健康雑誌『健康』(主婦の友社)では、生のモロヘイヤやモロヘイヤのお茶をとることでダイエットに成功した人が紹介されていています。


【モロヘイヤのおひたし】(写真)
エネルギー(1人前)49kcal

材料 2人前
モロヘイヤ・・1束
ツナ・・・・・・・2/3缶
かつお節・・・適量
しょうゆ・・・・小さじ2

1.お湯を沸騰させ、コンソメを溶かしてコショウで味を整えます。
2.赤ピーマンと黄ピーマンはみじん切りにする。
3.ボールに豆乳と牛乳を入れ、1をこして入れる。
4.野菜を加え、冷蔵庫で冷やす。
5.器に入れドライパセリをふりかけて、出来上がり。

posted by ユイ at 20:54| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もろみ酢ダイエット

もろみ酢ダイエット.jpg

もろみ酢ダイエットはサプリメントや瓶入りのものなどお好みの商品で始めてみましょう。

もろみ酢は沖縄の特産品「泡盛」や焼酎のもろみからできた天然醸造酢です。

原料に麹菌を加え、さらに酵母で発酵させてからアルコール分を取り除いてできるので、その過程で生成されるクエン酸やアミノ酸を豊富に含んでいます。


<もろみ酢の効果>

もろみ酢には、ダイエットや健康増進に役立つクエン酸、アミノ酸が豊富に含まれています。

クエン酸には、代謝を促進して、しみなどを防ぎ、若々しい肌を保つ効果があります。



アミノ酸は、身体の筋肉や臓器を構成する成分で、神経伝達物質やホルモンなどの材料にもなります。

そのアミノ酸は、ダイエットを促進する働き、脂肪燃焼効果があります。

人の体内には、リパーゼという脂肪燃焼酵素があり、これは脂肪を分解し血中に放出することで、溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きを持っています。

そのリパーゼの働きを活発にするのが、もろみ酢に含まれるアミノ酸なのです。

一般の食酢は、酸味の主成分が酢酸なのに対し、もろみ酢はクエン酸が主成分なので、刺激が少なく、さわやかで飲みやすい酸味が特徴です。
posted by ユイ at 20:50| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーツァルトダイエット

モーツァルトダイエット.jpg

モーツァルトダイエットはモーツァルトの音楽を聴くことによって、血糖値を下げて免疫力が上がり、自律神経の副交感神経の働きを活発にしストレス太りを抑えるダイエットです。

モーツァルトの音楽には一定の音の繰り返しである「ゆらぎ」が多く、音同士のぶつかり合いによって15000ヘルツ以上の高周波数を生み出す特徴があります。

この特長により自律神経の中でも心身をリラックス状態へと導く副交感神経を作用させます。

その結果、食品の過食の原因にもなるストレスを取り除き、なおかつ、副交感神経には消化を促す働きもある為、体が早く満腹信号をキャッチし過食を抑える効果があります。

さらに、代謝も向上し、脂肪が燃焼しやすい体になるとか。


【効果を高めるポイント】
・ヘッドフォンなどを使用し、雑音が入らない環境で聴く
・音量は心地よいと感じる程度にする。
・聴く前に、コップ1杯のお水を飲む。

【注意】
夕食の前後1時間は副交感神経の働きが盛んになっ
ているのでその時間帯は聴くのを避けましょう。


※副交感神経の働きが活発になりすぎると、胃液とインスリンが分泌され過ぎてブドウ糖から中性脂肪への合成が盛んになり脂肪細胞への蓄積も盛んになってしまいます。
posted by ユイ at 20:49| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。