2009年11月02日

肉まんダイエット

肉まんダイエット.jpg

肉まんだけではバランス悪い為、朝食・昼食ではカルシウムや食物繊維などのバランスいいものを食材に選んでたべましょう。


<< 肉まんダイエットの方法 >>

◆手順

・3食の内、1食が、肉まん1〜2個
・早目の晩御飯に行う。


肉まん  250kcal
あんまん 350kcal
ピザまん 230kcal
カレーまん 230kcal


肉まん1個で250kcal。小さいわりに意外とカロリーがあります。

コンビニで売っている普通サイズの肉まんでカロリーは約254kcal、やや大きくて371kcal、本格肉まんで421kcalくらいです。

気をつけたいのはあんまんです。中のあんこにゴマ油を入ってることもあって、1個あたり350kcalと高カロリーの物まであります。


ご飯茶わん一杯分が中くらいの茶碗一杯で227kcal。

大きな茶わんに一杯だと302kcal。

それにプラスおかずがあるとすると夜ごはんだけで500〜700kcalくらいは摂っていることになります。

それをカレーまんとピザまんの組み合わせなどにすれば400kcalまで抑えることが可能です。

また、肉まんを食べて、カロリー面を抑えるだけでなく肉まんには、しょうがが、入っているので、発汗作用があるので、その面からも、ダイエットに使える食材です。

さらに、コンビニではなくて、ダイエットに特化した肉まんもありますよ。
posted by ユイ at 16:40| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロダイエット

マイクロダイエット.jpg

マイクロダイエットは、サニーヘルスが製造販売している、『低カロリーで、体に必要な栄養素を十分に摂取するVLCD理論(ベリー・ロー・カロリー・ダイエット理論)に基づいて開発された減量法』を製品化した、約50種類の栄養素を約170260kcalに凝縮したダイエット食品を摂取する方法です。

カロリーを控えめにして約50種類の栄養素がキチンと取れる優れもののダイエット食品です。

マイクロダイエット使用法

1・マイクロダイエット食を食事代わりに摂ります。

2・一日三食の食事を取り、最低1食は、通常食を摂りマイクロダイエット食は、二食まで。

3・通常食を500kcalまでとする事。

4・水をマイクロダイエット食に使用する物を含め一日2リットル以上摂るようにする事。

5・間食を控える。


マイクロダイエットで成功する最低条件です。


◆マイクロダイエット(wikipedia)◆

マイクロダイエット (microdiet) とは、1980年、国際的な医学界で、VLCD(ベリー・ロー・カロリー・ダイエット)理論にもとづいて、1983年にイギリスのサリー大学でジャクリーヌ・ストゥーディ博士らによって開発された肥満解消用の代替食品。

その年にイギリスで初めて発売されたマイクロダイエットは、口コミで噂が広がっていき、わずか18ヶ月間でNo.1ダイエット食品として、イギリス国内に旋風が巻き起こった。現在、イギリスを含め、世界41ヶ国に広まっている。

現在、VLCDの具体的なガイドラインは日本肥満学会よりだされている(肥満治療ガイドライン2006)。医療機関にて外来や入院時の使用が近年特に急速に普及しだしており、厚生省の認可が下りたものを使用している。研究も進んでおり、日本肥満治療学会が研究データを発表している。

日本においても、日本人向けにアレンジされたマイクロダイエットがあり、サニーヘルス株式会社が総発売元として、1989年から日本国内で販売を行っている。それ以来、270万人以上の利用者を獲得している。(サニーヘルス全商品カタログ2009・春夏号)

国内版のマイクロダイエットは海外版と同一ではない。日本人は、欧米人の体質とは当然異なる部分がある。日本には日本の栄養基準があり、それを厳守しなければならないため、外国版をそのまま日本人が利用することには問題があると思われる。詳しい差異は企業秘密となっているようで具体的に明かされていない。

1日3食のうち、1食か2食をマイクロダイエットに置き替えるのが、マイクロダイエットのメソッド。毎日飽きずに続けるためのラインナップは現在、ドリンク、スープ、リゾット&パスタ、シリアルの4タイプがある。

マイクロダイエットの栄養素は、世界保健機関WHOが規定している約50種類の栄養素を1食分の中に含まれ、そのほとんどが「日本人の食事摂取基準(2005年版)」以上にバランスよく配合されている。

良質なたんぱく質、糖質、脂質の三大栄養素をはじめ、ビタミンB群、ミネラルなどの微量栄養素のほか、特に、脂肪の代謝を促すとして注目されているアミノ酸は、きちんと体で働くために計算された「アミノ酸スコア100」を実現。
posted by ユイ at 16:37| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポリコサノールダイエット

ポリコサノールダイエット.jpg

ポリコサノールダイエットはコレステロールが気になる方にポリコサノールは、サトウキビの茎と葉の柔らかい被覆物から抽出した天然物質で、コレステロール値をサポートするサプリメントを使う方法です。

血中コレステロールの約85%は肝臓で生成されます。

ポリコサノールは、このコレステロール生成を抑制する働きがあるとされていますので、食品生活習慣が気になる方にもおすすめです。
posted by ユイ at 16:33| Comment(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボディバイブレーションダイエット

ボディバイブレーションダイエット.jpg

ボディバイブレーションダイエットは、やせたい部分をマッサージした後、小刻みに振動させる運動(ボディバイブレーション)を行いダイエット効果を高めます。

運動する前にマッサージをすると、その部分の脂肪が分解され、燃焼しやすくなります。

マッサージで分解した脂肪は、ある程度の時間が経つと元の状態に戻ってしまうので、目安としてマッサージ後「10分以内」に脂肪を燃焼させる必要があります。

脂肪燃焼の方法として有効なのが、軽い全身運動です。


ボディバイブレーションダイエットでは、筋肉を小刻みにすばやく振ることで代謝がアップし、太りにくい体質に改善されるということです。
また血行もよくなり、エネルギーの発散効率が良くなるので効果的にエネルギーを消費することができます。

ボディバイブレーションでの消費カロリーは、たった6分間身体を震わせるエクササイズをしただけで、50Kカロリー。

その場ランニングの消費カロリーが30分で140Kカロリーですから
いかに短時間で効率よくカロリーが消費できるかがわかります。

ボディバイブレーションで体温が身体の隅々まで上昇しますから、特に寒い秋から春にかけては積極的に取り入れたいダイエットですね。

ボディバイブレーションダイエットを行うときにはアミノ酸ダイエットやクエン酸ダイエットも一緒に取り入れるとさらにダイエット効果がアップしますよ。
posted by ユイ at 16:29| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。