2009年11月29日

得するメイクテクニックA

マスカラは二重塗りすると目ヂカラUPです!乾燥してから二度目を塗ってください。.jpg

アイラインがキレイに引けたら、今度はマスカラ。

マスカラをつけると、すっぴんの時より20%も目が大きく見えるそうです!

マスカラマジックで目ヂカラUPをめざしましょう^^

まず、ビューラーでまつ毛を上げた後 まぶたを少し持ち上げ、マスカラブラシを根元から当てて左右にしごきながら毛先に抜けます。

ここでポイント☆

重ね塗りするときは必ず一度めのマスカラが乾いてから二度目を塗りましょう。

乾かないうちに何度も重ねてしまうとダマになったり、まつ毛が束になってしまいます><

そして、なりたい目元に合わせてマスカラをつける量を調整しましょう。

例えば『とにかく目を大きく見せたい』と思うなら、瞳の真上と真下のまつ毛にしっかり重ねてみてください。

顔全体を見たとき、人間の視覚はまつ毛の端までを目と捉えますから、まつ毛が上下に長くなることで縦に幅が出て、さらに中心部が長いため 大きく丸い目に見えるのです。

逆に目尻にマスカラを重ねると切れ長で色気のある目元になります♪

マスカラマジックで目力UP!.JPG

また、『マスカラをつけるときに必ずまぶたについてしまう』という人は、名刺ぐらいの厚紙を目のキワに当てておいてマスカラをつけるとま
ぶたにつかず、キレイに仕上がりますよ。


まつ毛に関しては他にもエクステや付けまつ毛、マジックマスカラなど、豊富なアイテムが盛りだくさんなので 色々試してみるのも面白いかもしれませんね♪
posted by ユイ at 14:18| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得するメイクテクニック@

アイカラーの役割は目元に立体感をもたせ、メリハリをつけることで目を大きく見せることです。.jpg

女性はメイクで本当に変わりますよね。

特に目元!

とにかく目の大きな女の子が多いのにはびっくり(笑)!

でもメイクを落としてみると『アラ?思ったほどでもないのね?』というのが率直な感想。

逆に言えば、それだけメイクで変わるということなのですが(笑)

美容相談でも『どうすれば目が大きく見せられますか?』というような質問が時々寄せられます。

このアイメイクについてのポイントをご紹介します☆

まず、アイメイクの基本アイテムは、アイカラー・アイライン・マスカラですよね?

では、それぞれの役割があることをご存知ですか?

例えば、アイカラーは目を立体的に見せてくれますし、アイラインは線の効果で よりくっきりとした目元を演出します。

また、マスカラはまつ毛の長さや太さをコントロールして外への広がりを強調することができ、一番目をぱっちりと見せてくれるもの。

このように、それぞれの特長を知っておけば、これらをフルに使ってくっきり、ぱっちりのデカ目をつくることができます。

というわけで、それぞれのアイテムの使い方を少しずつご説明してみたいと思います^^


【アイカラー】

アイカラーの役割は目元に立体感をもたせ、メリハリをつけることで目を大きく見せること。

立体感をつけるということは凹凸を強調することですから、窪んでいる部分には影になる色を。

まぶたには光を集める色を使用すればそれだけで深みのある目元をつくることができます。

影になる部分に入れる色は、グレーやネイビー、ダークグリーンなどの深みのある濃い色がオススメ。

逆に光を集める色はベージュ、淡いブルーやピンクなどのほんのり明るい色です。

使い方としては、光を集める色をブラシに取り、まぶたの中心にのせたらアイホール全体に広げます。

次に影になる部分には濃い色をチップにとって まつ毛の際にのせ、しあげに指で優しくなぞって、2色の境目をぼかせばOK。

影になる色と光を集める色の基本をおさえておけば、ほかに何色を使っても失敗はしませんよ^^

さて、アイラインは目のキワ(フレームライン)に入れて、より印象的な目元に仕上げてくれるアイテムですが、なかなかうまく引けないという人も多いのではないでしょうか?

中でもリキッドを使うのが苦手な人は多いようです。

そこで、リキッドアイライナーの引きかたのポイントをご紹介しておきます☆

まず、まぶたを軽く持ち上げておき、目尻から5ミリほど内側へ向かってラインを引きます。

この時、短い線を重ねながら引くのがコツ。

今度は目頭から目尻へ向けて少しずつラインを引き 目尻まで引いた後、乾ききる前に綿棒でアウトラインをぼかします。

下まぶたのラインも同様ですが、まつげのキワにキレイな色のアイラインを細めに引くとおしゃれです♪

黒目を大きく見せたい人は瞳の上下の部分を少し太めに描いてみてください☆
posted by ユイ at 14:06| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌が荒れてしまったら?

肌荒れ状態の時はクリーム系美容液を使い、紫外線対策をしっかりしましょう。.jpg

乾燥しやすい時期は同時に肌も荒れやすいのですが、もうすでに口や目の周りに粉をふく人も見受けられるようになってきました。

荒れた肌は角質層のバリア機能が衰えているため、放っておくと更に水分が蒸発して荒れてしまいます。

そこで保湿が大切になるわけですが、このような状態の時は美容液やローションが肌にしみてしまうことがあります。

特にしみるようなひどい肌荒れを起こしている場合は少し油分の多いものを使ってみてください。

このような時は水溶性成分より油容性成分の方が肌に柔らかいのです。

例えば、肌荒れ状態の時にローション・乳液・クリームのどれかひとつを使用するならクリームを使ってみて。

これでもしみるようならワセリン(肌に優しく、アトピー性皮膚炎の治療にも使われています)を塗るとよいでしょう。

また、肌荒れを起こしていても紫外線対策は必要です。

外出時には保湿クリームの上からパウダーファンデーションやルースパウダーを使用しましょう(刺激が強いので肌が落ち着くまではリキッドファンデーションやUVクリームなどは使用しない)。

夜はダブル洗顔をして、また保湿クリームを塗る。
このお手入れを1週間ほど行なってみてください☆

肌の状態が落ち着いてきたら美容液やローションを少しずつ足していきましょう^^
posted by ユイ at 13:58| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。